温度勾配ゲル電気泳動


温度勾配ゲル電気泳動は、DNA断片を同じ長さに分離する大変優れた手法です。従来の電気泳動の方法とは異なり、温度上昇に伴う二本鎖DNA熱変性過程を利用して分離する方法で、DNA断片を1次配列に従って分離することが可能にまりました。温度勾配ゲル電気泳動の最も一般的なアプリケーションは変異分析です。従来の化学勾配を使った変性テクニックとは異なり、温度勾配ゲル電気泳動は、勾配のスピーディーな設定と、再現可能な分離条件が可能です。

バイオメトラは2種類の温度勾配ゲル電気泳動用装置を提供します。TGGEスタンダードは、新しい実験を迅速に最適化し、ルーチン分析を短い操作時間で行います。温度勾配ゲル電気泳動 MAXIシステムは、長距離の分離も可能なため、複雑に混ざった試料の分析に最適です。どちらの温度勾配ゲル電気泳動用の装置も、精密なマイクロプロセッサコントロールを内蔵したペルチェサーモブロックを装備しています。バッファーチャンバーの位置も、平行から垂直分析モードへ素早く変更することができます。

Consulting & Contact

The newsletter of Analytik Jena frequently keeps you posted about:

Sign up here