multi N/C® 3100

multi N/C<sup>&reg;</sup> 3100 & AS varioその他の画像

装置説明

超純水や排水など濃度を問わず、multi N/C® 3100はすべての液体試料に最適です。これは触媒高温燃焼酸化, VITA®、ビームフォーカスNDIR検出の組合せと、粒子を含む試料用のインテリジェント洗浄テクノロジーによるフローインジェクションにより可能になります。さらに、multi N/C® 3100は特に迅速処理が可能であり、このため試料処理能力が高くなります。

コンテンツ:multi N/C®3100:: 

  • ビームフォーカスNDIR検出デバイス  
  • VITA®フローマネージメントシステム  
  • Easy Cal 
  • オートプロテクション  
  • 最大950 ℃までの触媒高温酸化  
  • キャリーオーバーを効果的に防止するインテリジェント洗浄テクノロジーでのフローインジェクションによる試料の供給  
  • 大口径で卓越した粒子処理機能  
  • 異なるインジェクション量を用いた単一標準での多点キャリブレーション  
  • 最小ppbまで対応の高感度  
  • TNbの同時測定可能 
  • 1つの触媒でTOC/TN bの同時測定の全測定範囲に対応 
  • 様々な測定容量に対応する種類豊富なオートサンプラー(オプション)
  • 高温燃焼テクノロジーにアップグレード可能:HT 1300

ソフトウェア

multiWin®

わかりやすいmultiWin® ソフトウェアで関連する全メニュー項目に容易にアクセスできます。ソフトウェアは主要なシステムパラメータをすべて同時にモニターし調節し、システム設定のエラーや不適切なパラメータ入力があれば直ちに知らせるので、測定を無駄にすることはありません。

multiWin®がシステム性能および分析品質をチェックし、測定結果その他諸々の項目をわかりやすく表示します。multiWin® は試料データの自由な評価を測定中でも出力するほか、最適な計算関数の自動選択、多様な測定範囲についての校正曲線を全自動でセットアップするほか、結果別の再計算機能も備えています。

  • 直感的ウィザード
  • 多点キャリブレーション, 空試験値の補正、結果の検算、結果単位の自由選択、統計的機能等扱いやすい包括的機能
  • FDA 21 CFR part11に準じるユーザー管理、監査証跡、電子署名
  • 管理、データやパラメータの保存が容易
  • データのエクスポートを自動/手動選択可 (LIMS、MSエクセル)
  • メンテナンス間隔の全自動管理
  • PCまたはタッチスクリーンで操作可能なタブレット用ソフトウェアバージョンが利用可能

アクセサリー

ChD または CLD – TNb検出には、化学発光検出器 (CLD)または電気化学検出器(ChD)

AS 10 – 10試料/50 mL用オートサンプラー

AS 21 – 21試料/50 mL用オートサンプラー

AS vario – 最大146試料搭載の様々な試料ラック、希釈オプション搭載可能

EPAサンプラー「ピアシング機能」搭載 – セプタムキャップバイアルからのサンプリング用

HT 1300 – 高温燃焼 テクノロジー:固体試料用HT 1300 (別途モジュール)

TIC固体モジュール – TIC固体試料の直接定量

POC モジュール  – "ベーシック" あるいは "自動"でマニュアル、自動操作の選択が可能

multi N/C®シリーズアクセサリを見る

ダウンロード

ビデオ

multi N/C® animation

multi N/C® - As Easy As It Gets! Easy use and safe, trouble-free and unattended sample analysis – these are more than ever requirements for a TOC/TNb analyzer. Operation of the instrument even without special knowledge or experience is no problem with a multi N/C®!

Tutorial multi N/C® series FR-NDIR Detector

The core element of the multi N/C® series models is the new Focus Radiation NDIR Detector® equipped with high-quality optics for precise detection of CO2. Energy-rich radiation is focused onto the microdetector with the help of integrated optics. The radiation density obtained in this way surpasses classical detectors many times. This results in higher sensitivity and precision over a wider measurement range.