PlasmaQuant® PQ 9000

PlasmaQuant<sup>®</sup> PQ 9000その他の画像

装置説明

幅広いアプリケーション、操作性とコスト効率に重点を置いたPlasmaQuant® PQ 9000 は、分析能力、迅速な運転準備、マトリックス耐性に厳しい要求を持つユーザ向けに設計されています。アナリティクイエナ社の最新のプラズマとトーチテクノロジーは、農業、環境、食品サンプルのための堅牢なメソッドと高い生産性を保証します。このような土壌、石油化学製品、電気メッキや生理食塩水の廃水などの高マトリックスの導入でさえ、Vシャトルトーチは分析干渉を受けることなく、またサンプルの付着物なく分析ができます。デュアルビュープラスは、試料の前処理なしまたは妥協のない分析性能(DL/ RSD)で微量と主成分の同時分析を実現します。

PlasmaQuant® PQ 9000 — 特長

  • Vシャトルトーチによるスムーズな分析と高マトリックスサンプルの簡単な取り扱い
  • RFジェネレーターによる測定の準備時間の短縮と高いメソッド柔軟性
  • デュアルビュープラスによる微量と主成分の同時分析

ソフトウェア

試料の測定開始は簡単です!わかりやすいレイアウトにより、多言語を用いたユーザインターフェースのメソッドが作成されます。測定したい元素をクリック選択するだけで、マトリックスや波長を表示します。事前に設定されたメソッドテンプレートは自動的に読み込まれます。簡単な操作とメソッドテンプレートの変更で直ぐに測定を開始できます。

測定に関する情報管理と操作をアシストする対話式ソフトウェアにより、初めての測定でも正確な結果を得ることができます。また、スマートフォンやタブレットなどのオンラインモニターは無人での操作の生産性を向上させます。

ASpect PQ — 特長

  • 現代の高分解能ICP-OESルーチン分析に要求される多言語ユーザインターフェースをレイアウト
  • 強力な最適化、評価と再計算ツール
  • LIMS接続、21 CFR Part 11準拠及びFDAモジュールでのユーザ管理
  • ベースラインフィッティング(ABC)、干渉除去(CSI)などの高度な分析ツール


ABC — 自動ベースライン補正
これまでにないABCアルゴリズムの自動ベースライン補正は、精度、メソッド堅牢性、ルーチン分析での使い易さを改善します。分析者が補正ポイントを設定する煩雑な作業は過去の物です。ベースライン補正位置の設定はABCで簡単になりました!

CSIソフトウェアツールスペクトル干渉の補正
発光線が多く、干渉する近接線の多い複雑なマトリックス試料の分析に便利なツールです。CSI-ソフトウェアツールにより分析の困難な近接線があってもスペクトル干渉の補正ができます。洗練された最小二乗アルゴリズムCSIは、検出限界、メソッドの堅牢性、分析の生産性を向上させる市場最強の補正ツールです。

セルフチェックシステム
リアルタイムな全装置パラメーター(ネブライザーの流量と導入系を保護するためのプラズマ安定性を含む)のオンラインチェック、自動アラート、緊急停止、オンラインヘルプ機能による安全操作は、メンテナンス頻度の低減と低コストを実現します。

アクセサリー

オートサンプラー
オートサンプラーは効果的なルーチン分析を可能にします。

水素化物装置
HS PQ
は、水素化物生成元素と一般的な元素を同時分析するために還元剤を連続添加する、ICP-OESとICP-MSのための水素化物装置です。

HS PQ Proは、優れた検出限界を必要とする水素化物生成元素の専用分析のために還元剤を連続添加する、ICP-OESとICP-MSのための水素化物装置です。

ダウンロード

ビデオ

ICP-OES PlasmaQuant® PQ 9000製品ビデオ

液体試料の元素分析のための高分解能ICP発光分光分析装置PlasmaQuant® PQ 9000は微量検出、最高の精度及び長期安定性、使い易さを保証します。このため要求の厳しい分析、高マトリックス試料、最少の試料希釈で超微量から高いパーセント濃度までの分析に適しています。

The newsletter of Analytik Jena frequently keeps you posted about:

Sign up here