水銀分析装置: mercur

その他の画像

装置説明

全自動で信頼できる超微量水銀測定

mercur は、超微量レベルの水銀を全自動で精度よく測定できるコンパクトなシステムです。

原子蛍光またはと原子吸光測定、または両方の測定が可能です。測定方法の変更は、ソフトウェアで行います。 還元気化と高感度検出技術が組み合わされた装置です。

mercur概要

  • 優れた検出感度
  • WinAAS® ソフトウェアによる総合的なデータ処理と品質管理
  • 多くの規格・基準に準拠

水銀装置の構成

  • mercur AAmercur AA plus — 濃縮あり/なしの原子吸光水銀装置
  • mercurmercur plus — 濃縮あり/なしの原子蛍光水銀装置
  • mercur DUOmercur DUO plus — 濃縮あり/なしの原子蛍光と原子吸光水銀装置

特長

  • 自動化 — オートサンプラーと使いやすさで現代のルーチン測定システムの要求に適合
  • 時間コントロールされたフローインジェクションシステム;固有の FBR 技術 (Fast Baseline Return)
  • バブルセンサー – 特別に最適化されたドライングメンブラン機構
  • 選択できる濃縮モード: シンプル濃縮とカスケード濃縮(EPA1631に準拠)
  • 自動化気液コントロールで試薬を削減と測定時間を短縮
  • 2つの送液ポンプシステム – ポンプチューブの速やかな洗浄、時間と試薬の節約

ソフトウェア

WinAAS® ソフトウェアは、ルーチン分析だけでなく研究目的の分析にも最適です。 WinAAS® ソフトウェアは、現代のルーチン分析や研究ラボ全ての要求を網羅しています:

  • 直感的に使用できるユーザーフレンドリーな操作
  • すべてのアクセサリーを管理
  • GLPに準拠した書類とレポート
  • メソッドとパラメーターファイルを簡単保存と読み出し
  • 選択フォームによるアクション設定の使いやすいサンプルテーブル
  • データモニタリングによる自動品質管理
  • FBR機能 (Fast Baseline Routine)

“クックブック”のそれぞれの動作モード用の基本ルーチンメソッドは、毎日のルーチン測定のmercurにそのまま使用することができるので、簡単に分析を開始できます。

同時に、より複雑な測定用には、クックブックメソッドを最適化して使用します。

アクセサリー

AS-F と AS-FD — フレーム原子吸光、水素化物発生装置、水銀分析装置用オートサンプラー

サンプルや検量線用標準液を自動測定します。

アプリケーション

多様なアプリケーション

水銀測定は多岐にわたります。人体に有害ある為に注意を払わなくてはなりません。 ヒトの健康を守る為に飲料水や食品規格やガイドライン、歯科治療の様な医療の分野でも水銀や水銀化合物測定がおこなわれています。
mercurはこれらの測定やその他の分野でも利用できる様にデザインされています

分野

アプリケーション

環境

飲料水、上水、環境水、排水、土壌等

医療分野

血液、尿、血清、唾液等

食品

魚、飲料、穀類等

地球科学

岩石、灰、鉱石等.

工業

品質管理、製紙、プラスチック等

研究、学術

大学、研究所等

アプリケーションノート

  • AFS_Hg_01_07_e
    .pdf | 119.46 kB

    Determination of Hg in Ore Samples

  • AFS_Hg_01_08_e
    .pdf | 113.65 kB

    Determination of Hg in Copper Zinc Catalysts (Recycling)

ダウンロード