元素分析装置のアクセサリー

multi EA® 5000

ABD — 冷却ロック付き自動ボートドライブ

冷却ロック付き自動ボートフィーダーは液体・固体試料を入れた石英ボートを分析装置へ自動搬送します。 冷却ロックは極高感度で高反応性の為にススが発生しやすい試料でも分析を可能にします。 オプションのフレームセンサーを使用すると燃焼の制御と監視が可能になり、最適な反応を確実に行う事ができます。

MMS 5000 — マルチマトリックスサンプラー

MMS 5000サンプラーは液体・固体試料をmulti EA® 5000で自動測定できるように設計されています。 この装置ではルーチン分析の高度な自動化が可能です。 サンプラーは、水平・垂直ファーネスモードに使用可能です。 加熱機能付きも含め多様なサンプルトレイが使用できます。

オートインジェクター

100 µlまでの液体試料を安全に注入するためのオートインジェクター。 強い反応性を持つ大量の試料でもmulti EA® 5000分析装置の燃焼システムに迅速で信頼性のある注入が可能です。

GSS — ガスサンプリングシステム

このシステムはmulti EA® 5000元素分析装置への気体試料の未加圧状態での注入が可能です。 試料はガスバッグに充填し、次にmulti EA® 5000のリアクターに注入します。 標準仕様で100 mLまでの気体試料を注入スピード可変で注入可能です。

LPG — (液化石油ガス)モジュール

加圧された液化ガス(LPG)の直接注入用モジュール。 LPG試料はASTM 6667に準拠したLPGモジュールを使用し全自動でインジェクトされ、正確に蒸発・注入します。

GSS/LPGコンビモジュール

コンビモジュールは液化ガスや加圧ガスの注入用に使用します。 LPGおよび気体試料用に試料経路が分離されており汚染を防ぎます。

TOCモジュール

TOCモジュールを用いてmulti EA® 5000を拡張すると、国内外の規格に準拠する水試料中の炭素濃度の高温酸化触媒を利用した分解により測定できます。

アップ

compEAct

The degree of automation for the compEAct is adaptable to individual requirements – from manual handling of just a few samples a week, up to fully automated, unattended operation around-the-clock in high-throughput laboratories.

Autoinjector – automated injection even without autosampler
The smallest and lightest semi-automatic dosing device for liquid samples on the market. Flexible filling volumes and dosing speeds allow an optimal adaption to every sample type and concentration range. The sampling takes place manually by the operator, the injection is carried out automatically, controlled by the EAvolution software.

LS 1 – convenient automation of small sample throughputs
The ideal solution for automated processing of small sample series. The LS 1 provides 18 positions for dosing liquids using direct injection.

LS 2 – optimum solution for high sample throughputs
The LS 2 provides 120 positions for dosing liquids using direct injection. Sample quantity and dosing speed can be defined by the operator. Automatic additional rinse cycles with sample or solvent are possible at any time. This protects the system from contamination and increases the stability of the analysis results, ideal also for samples with highly varying concentrations.

LPG module – unique precision independent from sample pressure
The LPG module is ideally suited for the precise, automatic dosing of LPGs. There is no need for expensive sample pre-treatment like compression or a relaxation in Tedlar ™ Bags. Sampling is done directly from the liquid phase, effectively avoiding sample modification or a loss of sample components. The high-performance Peltier cooling of the dosing valve prevents uncontrolled, early evaporation of the sample matrix and thus bubble formation. The sample volumes can variably be defined by the user. A heated evaporation chamber and the use of Sulfinert®-coated components ensure the complete transfer of all sample components even in the trace range.

GSS/LPG combi module – intelligent combination for gas analysis
This space-saving combination of two matrix-optimized gas samplers is the perfect solution for flexible gas analysis. The GSS and LPG sampling branches are isolated from each another, which means that cross-contamination is impossible. The sample volumes are freely selectable and can be flexibly varied within a wide range.

The GSS branch has been developed specifically for the dosing of pressurized gases. The LPG branch is optimized for the precise, automatic dosing of pressurized liquefied gases.

アップ

multi EA® 4000

固体オートサンプラーFPG 48

固体およびペースト状サンプルの元素分析およびTOCとTCの測定をmultiEA® 4000で行う為のオートサンプラー。 試料はセラミックあるいは石英ボートに計量し、自動的に燃焼システムに導入します。 試料導入速度はソフトウェアにより選択可能で、反応性の高いサンプルも測定可能です。

TIC固体モジュール

TIC固体モジュールは固体サンプル内TICの直接測定をmulti EA® 4000で行う為のアクセサリーです。 サンプルを酸性化し発生した二酸化炭素を元素分析装置のNDIR検出器で検出します。 TICモジュールを使用すると差し引き法 (TC-TIC=TOC)でのTOC測定も可能になります。

アップ

The newsletter of Analytik Jena frequently keeps you posted about:

Sign up here