contrAA® 800 F

contrAA<sup>®</sup> 800 F mit Autosampler AS-FD für automatisierte Analysis mittels Flammen-Technologieその他の画像

装置説明

contrAA® 800 は、フレーム測定用の高分解能連続光源原子吸光分析装置です。水素化物発生法にも対応しています。 低濃度から高濃度まで様々な濃度域に対応できるフレーム法は、迅速なシーケンシャル測定と複数元素の同時測定を提供します。水素化物発生装置と組み合わせる事で、水素化物を生成するアンチモン、ヒ素、ビスマス、セレン、すずの高感度測定も可能です。

高分解能原子吸光分析装置についての詳細は、 contrAA® シリーズのページをご覧ください。

contrAA® 800 F — 利点:

  • 全ての元素を1本の光源で測定 – すべての元素、波長をいつでも測定可能
  • 優れた同時バックグラウンド補正
  • 迅速なシーケンシャルと同時複数元素測定
  • 高いサンプル処理能力
  • 測定条件作成が容易
  • 簡単な測定と安定性

ソフトウェア

ASpect CS ソフトウェアは、contrAA®の多元素分析の為に特別に開発しました。1つのサンプルで複数の元素の高速シーケンシャル測定に加えて、スペクトルウィンドウ内の複数の波長を同時に分析できます。自動最適化ルーチンはすべてのアプリケーションで最適な測定条件の作成を容易にしました。自動補正ルーチン(ABC)は、複雑な構造化されたバックグラウンド吸収の同時の補正を提供します。近接線の干渉は、ンスペクトル補正(CSI)で解決できます。

ASpect CS — 特長

  • 多元素同時分析
  • 積分範囲を自由に定義
  • 新しいバックグラウンド補正法
  • スペクトル干渉補正の改善
  • 簡単なメソッド作成
  • 測定条件の為の自動最適化
  • 測定家庭のデータを含む結果保存
  • FDA21 CFR Part11準拠


ABC — 自動バックグラウンド補正
いままでにないABCアルゴリズムを使用したバックグラウンド補正法は、ベースライン全体をスペクトルバックグラウンドに適合させます。従来の補正法と違ってcontrAA®は、HDスペクトル内のバックグラウンド補正を視覚的に確認することが可能です。あなたが測定するものを見ることができる為、測定値がより信頼できるものになります!

CSI-Software-ソフトウェアツール — 近接線の干渉の補正
contrAA®は高分解能である為にスペクトルの干渉はほとんどありませんが、まれにマトリックス元素や分子のバンドによるスペクトル干渉を補正する必要があります。CSIソフトウェアツールはそのような干渉を容易に効率的に補正する事ができます。特許の最小二乗法アルゴリズムCSIはスペクトル干渉補正の最も強力なツールであり、あなたの分析の検出限界、メソッド信頼性、および生産性を向上しました。

アクセサリー

オートサンプラーシステム(フレーム、水素化物、原子蛍光法)

  • AS-F と AS-FD — フレーム用オートサンプラー
  • ルーチン分析の標準溶液と試料の自動測定が可能

水素化物測定システム

  • フローインジェクションもバッチモードも利用可能
  • システムはいつでもアップグレード可能 — ラボの要求に応え『成長』する
  • 全ての構成において交換が簡単
  • 色分けされた接続チューブと流路図 — 消耗品交換が容易
  • HydrEAへのアップグレード, 水銀/水素化物とHydrEAとの交換が簡単
  • 特別な水銀測定用アクセサリー
  • 迅速なセル排気システムにより水銀の測定時間を大幅に短縮
  • 水銀や水素化物測定のためのDIN, ISO, EPA, ASTMメソッドを完全準拠

 "インジェクションスイッチ SFS6"

  • ソフトウェア制御による極少量の測定のための2wayモジュール
  • 継続的な強力洗浄によりバーナーヘッドのスリットの詰まりを減少
  • サンプル導入システムの洗浄頻度を最小化
  • 高酸濃度、高塩濃度、高たんぱく質試料などの高マトリックス試料の取扱いが容易
  • 安定したフレーム温度により、分光器のベースラインの安定
  • 有機溶媒分析も可能
  • 完全メンテナンスフリー

スクレーパー

  • フレーム準備中や試料測定中のソフトウェア制御による定期的な洗浄
  • 安定したフレーム条件

AASアクセサリー詳細

アプリケーション

contrAA® 800 F は、フレーム測定用の高分解能連続光源原子吸光分析装置です。水素化物発生法にも対応しています。
低濃度から高濃度まで様々な濃度域に対応できるフレーム法は、迅速なシーケンシャル測定と複数元素の同時測定を提供します。
水素化物発生装置と組み合わせる事で、水素化物を生成するアンチモン、ヒ素、ビスマス、セレン、すずの高感度測定も可能です。

連続光源AASは、ほとんどの分野の分析に適用できます。多くの分析に対する利点のおかげで、研究、ルーチン分析の両方に最適な測定を提供します。

アプリケーションノート;高分解能連続光源原子吸光分析装置によるワインのフレーム測定

ダウンロード

ビデオ

Atomic Absorption. Redefined. — AAS contrAA® Series

As a link between standard AAS instruments and ICP-OES the atomic absorption spectrometers of the contrAA® series combine the best of two worlds: rapid sequential and simultaneous multi-element analysis, ease of handling and manageable costs.