グラファイト ファーネス 原子吸光分析

アナリティクイエナの長年の経験と先進性から開発された、ユニークな設計の交差加熱型グラファイトファーネスシステムです。この交差加熱により、理想的な原子化状態と高い試料処理能力を同時に提供します。

  • チューブ内の温度を高温でしかも均一に加熱
  • メモリーと効果を最小限に軽減
  • 低原子化温度
  • ガス流の影響を受け難い
  • 分析線、急加熱速度

バナジウムやモリブデンのようま耐火性元素のテーリングもなく、従来法では困難であった固体の直接導入測定も可能

センサーレスアダプティブ温度コントロール (STC)

内蔵のセンサーレスアダプティブ温度コントロール(STC)は、プログラムしたファーネス加熱条件と実際温度を常にモニターし比較管理しています。薬品による腐食やグラファイト消耗などのチューブ劣化を速やかに感知し、正しい温度に補正します。

グラファイトチューブ内の温度は、ユニークな発光に依存しない高温測定技術を使用して、常時モニターし校正します。

チューブフォーメーション ルーチン機能は、新しいチューブを最適な測定状態に自動調整し、しかもチューブの劣化状態と寿命をモニターして、分析者に最適な変換時期をお知らせします。

STPF法 概念 (温度安定化プラットフォーム)

アナリティクイエナのグラファイトファーネスシステムにおいて利用される STPF法は最高の精密性、分析データの正確性と最良の検出限界を実現させました。

直接固体測定 – 固体 AA®

アナリティクイエナのファーネスシステムは液体から固体へわずか数分で変換が可能です。 – 限界のないこれらの技術を保証します。全ての機能は管理ソフトウェアに搭載されており、追加のモジュールなど不要です。簡単且つソフトウェアのルーチンガイド付きオートサンプラーのより簡単な順応と信頼あるサンプル供給を保証いたします。

HydrEAテクニック

水素化物とグラファイトファーネスのテクニックの結合は、水素化物を形成する元素(As, Se, Sb)の測定に新しい時代を拓きました。これら両方の利点は、測定に必要な検出限度を達成し、さらなる厳密な微量測定の要求に応えます。サンプルへのクロスオーバー効果やマトリックスの影響も抑えられます。

グラファイト ファーネスシステムの為のアナリティクイエナの技術